「ん」の歌い方に気をつけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ん」の歌い方に気をつけよう

「ん」が言葉の頭につくことは、あまりありませんが、「お父さん、お母さん」「みかん、りんご」「こんにちは、こんばんは」といろいろな所に登場します。

ということは、歌詞にもよく出てくるということになります。

実は、この「ん」の発音が、歌う時には、意外に難しいのです。

話す時の「ん」は唇を閉じて、「ん」と発音しますよね。

歌う時も、短い音なら同じように発音すれば良いのですが、長い音になると音がこもって聞こえたり、息が苦しくなってしまいます。

ですから、長い音の「ん」は、少し唇を開けて、鼻に響かせると綺麗に聞こえます。

ハミングで、歌ってみましょう。

1、唇を閉じて

2、唇を開けて

無理に唇を開ける必要はありませんが、軽く唇を開けることで、喉に余分な力が入ることを防ぎ、楽に声が出せます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »