Let’s Relax!! の記事一覧

「はひふへほ」は魔法の歌い方!

はひふへほ歌唱は、魔法の歌い方!

歌う時に、頑張って、頑張って、喉を使っている人がとても多いです。
何度も言いますが、『歌は、決して頑張らず、リラックスしてお腹で歌いましょう』なのです。
頑張らない歌い方の練習には、はひふへほ歌唱が良いですよ。
続きを読む

ん〜 あ〜 が〜で良い声発見!

『ん〜』『が〜』『あ〜』で良い声発見!

歌を歌うときは喉を開いて、お腹に力を入れて…とよく言います。
でも、それってわかりにくいですよね。
「喉を開くってどういうこと?」
「お腹のどこに力を入れるの?」
そう思いますよね。
そんな時は、『ん〜』『が〜』『あ〜』で、練習してみましょう。
まず、軽く口を開けたまま『ん〜』と発音しましょう。
きちんと発音出来ていれば、口からではなく鼻から息が抜けていきます。
次は、軽く開けた口はそのままにして、鼻濁音の『が〜』を発音します。
鼻濁音がわからない人は、舌の奥の方を下げる感じにして『が〜』と発音してみましょう。きちんと発音が出来ていれば、口から息が出ます。
最後は、舌の位置そのままで、口を大きく開けて『あ〜』と発音します。
きちんと発音が出来ていれば、お腹に力が入るのが分かります。
練習のコツは、「そのままで」という所は、しっかり維持して次の音を出すことです。
大きい声を出す必要はありません。
『ん〜』2秒、『が〜』2秒、『あ〜』2秒を目安に、一息で発音しましょう。
喉を開いて、お腹に力を入れて声を出すイメージは、これでバッチリです。

声色は表情と連動する!

声色は、表情と連動する

声がしっかり出ていて、リズムも正確、メロディーもきれいに聞こえてくるのに、何となく歌に表情とか味がない…と感じることはありませんか?
カラオケで点数を出すには、正確にきちんと歌うことが求められます。
ですが、正確に歌うことだけが、歌が上手いということではないのです。
続きを読む

高音が出したいのなら、低音を練習しよう!

高音が出したければ、低音の練習を

高音が出ないと言われる人は、とても多いのですが、どんな練習をすれば出せるようになると思いますか?

高音を出したいのだから、一生懸命、高い音を出す練習をしますか?
それも必要な練習です。
リラックスして喉を開くことを忘れずに、高音を出してみましょう。
でも、その前に、低音を出す練習をしましょう。
口の中に熱々の大根を入れるイメージをしてみてください。
口の中が広がっていますよね。
その口の形のまま、「は〜は〜は〜」と一音づつ下げて発声しましょう。
正しく発声できていれば、だんだん、胸に音が響いてきます。
そのイメージを大切しながら、音を上げて発声練習をしましょう。
優しく綺麗に響く声が出ますよ。

レッスン12「うたうことがすき」を歌おう!

No.12 「うたうことがすき」を歌ってみよう!
基礎編最後の今回は、「うたうことがすき」を歌ってみましょう。
まず、歌ってみます。
「うたうことがすき、うたうことがすき、みんなでこえをあわせて、うたうことがすき
ラララララーラララー、ラララララーラララー、ラララララララ ララーララー、
ラララララーラララー、みんなでこえをあわせて、うたうことがすき」
今までやってきた、腹式呼吸、姿勢、息つぎに気をつけて歌ってみましょう。
それでは、やってみましょう。
「うたうことがすき、うたうことがすき、みんなでこえをあわせて、うたうことがすき
ラララララーラララー、ラララララーラララー、ラララララララ ララーララー、
ラララララーラララー、みんなでこえをあわせて、うたうことがすき」
この歌は、「広瀬まりのべっぴんヴォイス 発音編」に収録されています。
購入して練習したくなったら、下の概要欄にあるショップのリンクをクリックしてくださいね。
1日1分間で、歌上手!
まりーの1分間レッスンでした。

レッスン 9「ドレミファソ」に挑戦!

No.9 ドレミファソに挑戦!
今回は、ドレミファソと音階で声を出してみましょう。
いままでやってきたことを思い出してください。
胸を開いて、少し後ろ、踵側に体重をかけて立っていますか?
軽く口を開いて、舌は下の歯の裏を触る位置にありますか?
この音に合わせて、声を出していきます。
まず、私がやってみます。
「あーあーあーあーあーーーー」「あーあーあーあーあーーーー」
こんな感じです。
それでは、やってみましょう。
「あー」この音からです。
1、2、3、4「あーあーあーあーあーーーー」「あーあーあーあーあーーーー」
上手くできましたか?
ドレミファ上手で歌上手!
まりーの1分間レッスンでした。

Translate »