スピーチ の記事一覧

ロングトーン練習No.3〜音量の大小をつけて練習しよう〜

ロングトーン練習No.3(音量の大小をつけて練習しよう)

歌う時も人前で話す時も、声を出す基本は、ロングトーン、つまり、音を長く出すことです。

伸びのあるロングトーンに音量の大小をつけることで、表現力がアップします。

音量の大小をつけたロングトーンの練習をしましょう。 続きを読む

ロングトーン練習 No.2〜音程を変えて練習しよう〜

ロングトーン練習 No.2(音程を変えて練習しよう)

歌う時も人前で話す時も、声を出す基本は、ロングトーン、つまり、音を長く出すことです。

出しやすい音だけでなく、いろいろ高さの音で練習してみましょう。

女性は、ソ・ド・ミ・ソ・ドの音を目安に、男性は、レ・ソ・シ・レ・ソの音も目安にすると良いですよ。

練習の方法は「ロングトーン練習No.1」と同じです。

・低い音(女性はソ、男性はレ)のロングトーンは、胸の振動を意識しましょう。

4番目の音(女性はソ、男性はレ)のロングトーンは、地声と裏声で練習してみましょう。

・高い音(女性はド、男性はソ)のロングトーンは、より、お腹に力を入れて支えるイメージを持ちましょう。 

この5つの音だけでなく、いろいろな高さの音で練習すると、自分が出しにくい音がわかります。

出しにくい音も諦めずに、繰り返し練習して、低い音も高い音もしっかり出せるようにしましょう。         

ロングトーン練習No.1

ロングトーン練習 No.1

歌う時も人前で話す時も、声を出す基本は、ロングトーン、つまり、音を長く出すことです。

歌う時に息が足りないと感じている人は、安定した長い音を出す練習が必要です。

ロングトーンの練習をして、息が足りないという感覚とさよならしましょう。

続きを読む

長く音が伸ばせない時は…

長く音が出せない時は

長く音を伸ばすことができないと言われる人がいます。

その原因は、3つ。

1、しっかり息が吸えていない。

2、均等に息がはけていない。

3、息をどれだけ使ったのかわかっていない。

この3つを改善する練習をやってみましょう。 続きを読む

プロが声を出す前にすること

プロが声を出す前にすること

歌を歌ったり、話をしたり、声を出す前には、準備が必要です。

「プロだから、すぐに声を出せるのでしょ」と、言われる方がありますが、そんなことはありません。

プロだからこそ、常に良い状態で声を出すために、きちんと準備をするのです。

準備の仕方は、人それぞれですが、今回は、私自身の準備の仕方をご紹介します。

1、肩回し

2、肩はブラブラお腹はノビノビ

3、横隔膜をリラックス

13で、体のリラックス

4、ドッグブレス

※腹式呼吸を意識する

5、リップロール

※声帯を温める

6、中音から低音の声出し

7、中音から高音の声出し

8、低音から高音へ

9、高音から低音へ

声をしっかり出すためには、体のリラックスが大切です。

声を出すことだけを考えていると、喉に力が入り、伸びのある声が出にくくなります。

一つ一つの動きを確認したい人は、下の概要欄をチェックしてくださいね。

地声と裏声を知ろう!

地声と裏声を知ろう

「苦しくて高い音が出せない」と言われる人の多くは、地声で高い音を出そうとしている人です。

頑張れば、ある程度の高い音は出せますが、聴いている人が苦しさを感じる声になりかねません。

裏声を知れば、楽に高い音が出せるようになります。

まずは、地声と裏声を知ることから始めましょう。

続きを読む

長く話すと声がかれる時は…

長く話すと声がかすれる時は

ラジオ配信アプリ「spoon」の生配信の中で、「長く話すと声がかすれる」との相談がありました。

話すにしても、歌うしても、長い時間声を出し続ければ、だんだん声はかすれてきます。

でも、少しでも長い時間、気持ちよく声を出したいですよね。

そのためにできることは、3つ!

続きを読む

Translate »