牛の鳴きまねで寝つきをよくする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

牛の鳴きまねで、寝つきをよくする

夜、寝付けない時には、腹式呼吸でリラックスすると良いのですが、なかなかうまくできない人も多いようです。

そこで、牛の鳴きまねのように声を出し、寝付きを良くする腹式呼吸を練習しましょう。

まず、牛の鳴きまねを練習します。

1、仰向けで寝ます

2、唇を閉じ、口の中にゆで卵が入っているイメージで、口の中を広げます

3、そのまま、牛の鳴き声のように「ほー」と声を出します

4、唇や口の周りがビリビリ震える感じがすれば、OKです

次に、これを使って、腹式呼吸を練習します。

1、仰向けで寝ます

2、おへその辺りに両手を置きます

3、テンポ75で、10カウントをかけ、お腹を凹ませながら、牛の鳴きまねをします

(途中で、声が出なくなっても構いません。10カウントの間、息を吐き続けます)

4、お腹の力を抜くのと同時に、4カウントをかけ、お腹を膨らませながら鼻から息を吸います

5343回繰り返します

6、最後は、ゆっくり息を吐いて、普通の呼吸に戻します。

1回で寝付けない場合は、これを数回繰り返します。

腹式呼吸をすることで、心も体も落ち着き、眠りに入りやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »