横隔膜のリラックスで声が出しやすくなる(はっせー&まりーのLet’s Relax!!No.19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

横隔膜のリラックスで声が出しやすくなる(はっせー&まりーのLet’s Relax!!No.19)
人は、緊張しすぎると、指先が冷たくなったり、息苦しさを感じます。
その原因は、浅い呼吸になっているからです。
その状態では、うまく声が出せません。
素早く緊張をほぐして、しっかり声が出せる状態にしましょう。

1、椅子に座り姿勢を整える
2、みぞおちに手を当て、肋骨を確認する
3、肋骨に沿って手を動かし、みぞおちから5㎝くらいの所の骨のカーブを確認する
4、その部分を軽く中に押し入れる
※気持ち悪く感じることもあるので気をつける
5、そのままお辞儀をする
6、お腹を膨らまして10回呼吸をする

これだけで、緊張がほぐれ深い呼吸ができるようになり、しっかり声が出せます。
血流も良くなり、指先の冷たさも解消できます。
胃の調子を整えたい時にも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »