驚いた顔で歌ってみよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高音がうまく出ない!とお悩みの方は、たくさんいらっしゃいます。
歌いながら、自分の姿を大きな鏡に写して見てください。
高音を出した時に、顎が上がっていませんか?
しかめっ面をして、怒鳴っていませんか?
首に血管が浮き出て、全身に力が入ってガチガチになっていませんか?
先ずは、リラックスしてください。

高い音も低い音も、基本の姿勢は、変わらないのです。
全身がガチガチになるのは、力を入れる場所が間違っています。

喉が開いた感覚を感じてみましょう。
驚いた表情を作ってみてください。
驚いた時は、目を見開くと思いますが、その時に、喉が開きます。
その表情のまま、声を出してみましょう。
舌の位置は、下の歯の裏を軽く触るくらいの位置でキープしてください。

そのまま、女性は、ドレミファソラシド。
男性は、ソラシドレミファ♯ソ。
の音階を「あー」の発声で、歌ってみましょう。

声を大している間に、肩に力が入っているかもしれません。
時々、肩の上げ下ろしをして、肩の力を抜きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »