声色は◯◯で決まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

声がしっかり出ていて、リズムも正確、メロディーもきれいに聞こえてくるのに、何となく歌に表情とか味がない…と感じることはありませんか?

カラオケで点数を出すには、正確にきちんと歌うことが求められます。

ですが、正確に歌うことだけが、歌が上手いということではないのです。

最低限のメロディーやリズムを取ることは必要です。

その完璧さを求めるのも良いですが、歌の表情、情感に気をつけることで、あなただけの魅力的な歌が歌えます。

そのためには、まず初めに、歌詞を読んで自分なりのイメージを持ちましょう。

「何を歌っているのかわからない。」では、気持ちの込めようがありません。

歌詞の意味が自分なりに掴めたら、どんな気持ちで歌いたいのか考えてください。

そして、その気持ちを表す表情で歌ってみましょう。

声の出し方ではなくて、表情?と思うかもしれませんが、表情をつけることで、声にも表情がつくのです。

例えば、悲しい恋の歌を笑顔で歌いますか?

例えば、希望に満ちた歌を悲しげな顔で歌いますか?

と考えれば分かりやすいですね。

情感豊かに歌いたければ、表情を豊かにすることが近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »