ん〜 あ〜 が〜で良い声発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『ん〜』『が〜』『あ〜』で良い声発見!

歌を歌うときは喉を開いて、お腹に力を入れて…とよく言います。
でも、それってわかりにくいですよね。
「喉を開くってどういうこと?」
「お腹のどこに力を入れるの?」
そう思いますよね。
そんな時は、『ん〜』『が〜』『あ〜』で、練習してみましょう。
まず、軽く口を開けたまま『ん〜』と発音しましょう。
きちんと発音出来ていれば、口からではなく鼻から息が抜けていきます。
次は、軽く開けた口はそのままにして、鼻濁音の『が〜』を発音します。
鼻濁音がわからない人は、舌の奥の方を下げる感じにして『が〜』と発音してみましょう。きちんと発音が出来ていれば、口から息が出ます。
最後は、舌の位置そのままで、口を大きく開けて『あ〜』と発音します。
きちんと発音が出来ていれば、お腹に力が入るのが分かります。
練習のコツは、「そのままで」という所は、しっかり維持して次の音を出すことです。
大きい声を出す必要はありません。
『ん〜』2秒、『が〜』2秒、『あ〜』2秒を目安に、一息で発音しましょう。
喉を開いて、お腹に力を入れて声を出すイメージは、これでバッチリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »