うまく歌うコツ【小さい声編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

うまく歌うコツ「小さい声編」

歌を上手く歌うコツの一つは、声の大きさをコントロールすることです。

大きい声も小さい声もお腹を意識して出しますが、小さい声の方が、より、お腹を意識して出すことが必要です。

さらに、小さい声を優しく柔らかく出そうとして、姿勢が前かがみになりがちです。

姿勢が崩れると、お腹に力を入れにくくなり、声が出しづらくなってしまいます。

小さい声を出すコツは、姿勢を整え、腹式呼吸でお腹を膨らませて息を吸い、その膨らみをキープするようにイメージすることです。

小さい声を出す練習をしましょう

1、足を肩幅に開き、姿勢を整える

2、腹式呼吸で、4拍かけて息を吸う

3、お腹の膨らみをキープするイメージで、8拍のロングトーン

4234回繰り返す

慣れてきたら、2拍、1拍と息を吸う時間を短くしていきましょう

小さい声がしっかり出せるようになると、大きい声との差がハッキリついて、表現力がアップします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »