スピーチの第一声を上手く出す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


スピーチの第一声を上手く出す方法
大勢の人の前で話をする時、第一声が裏返ったり、かすれたり、イメージ通りの声が出なくて、さらに緊張してしまったなんてことはありませんか。
第一声で「しまった!」思うと、平常心に戻すのは、かなり難しくなります。
失敗しない第一声のために、これをやってみてください。

スタンドマイクの時
1、マイクの前に行き、マイクが口元から15㎝位離れる位置に立つ
男性は、軽く足を開き、背筋を伸ばし姿勢を整える
女性は、どちらかの足を半歩後ろに引き、背筋を伸ばして姿勢を整える
2、どちらか片方の足に体重を乗せる
男性は、どちらの足でも構わない
女性は、後ろに引いた足
3、心の中で「1、2」とカウントしながら息を吐く
4、心の中で「1、2」とカウントしながら、息を吸う
5、片足に体重が乗っていることを意識してから、第一声を出す

ハンドマイクの時
1、話をする場所まで行き、
男性は、軽く足を開き、背筋を伸ばし姿勢を整える
女性は、どちらかの足を半歩後ろに引き、背筋を伸ばして姿勢を整える
2、どちらか片方の足に体重を乗せる
男性は、どちらの足でも構わない
女性は、後ろに引いた足
3、マイクを口元から15㎝位離した位置で、床と平行になるようなイメージで構える
4、心の中で「1、2」とカウントしながら息を吐く
5、心の中で「1、2」とカウントしながら、息を吸う
6、片足に体重が乗っていることを意識してから、第一声を出す

背筋を伸ばし、片足に体重を乗せることで、自然にお腹に力が入り、しっかりとした第一声を出せます。
その後は、笑顔を忘れずに話し始めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »