若さを保つ魔法の「はひふへほ体操」「ふ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

若さを保つ魔法の「はひふへほ体操」「ふ」

「は、ひ、ふ、へ、ほ」は、若さを保つ魔法の言葉です。

「は、ひ、ふ、へ、ほ」の5つの音を使って、発声はもちろん、表情筋や喉の周りの筋肉、腹筋も動かして、若さを保つ魔法をかけましょう。

はひふへほの「ふ」

1、姿勢を整える

2、親指を背骨の近くに持っていき、胸を広げるように腰に手を当てる。

3、火のついたろうそくが、手前から奥に向かって、並んでいる様子をイメージする。

4、お腹を膨らませながら、ゆっくり息を吸う。

5、イメージしたろうそくの火を、できるだけ遠くまで吹き消すように、息を吐く。

 姿勢を崩さないように気をつける。

6、息を吐き切ったら、4のように息を吸う。

7、4〜6を3回繰り返す。

 

お腹を意識してゆっくり呼吸をすることで、腹式呼吸が上手くできるようになり、声をしっかり出せるようになります。

腹式呼吸は、リラックスの呼吸ですから、ストレスを和らげたい時にも有効です。

口をすぼめて、表情筋も動かすので、表情が豊かになり、若々しさが保てます。

ろうそくを吹き消すような「ふ」で、声も体も若さを保ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »