ロングトーン練習 No.2〜音程を変えて練習しよう〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ロングトーン練習 No.2(音程を変えて練習しよう)

歌う時も人前で話す時も、声を出す基本は、ロングトーン、つまり、音を長く出すことです。

出しやすい音だけでなく、いろいろ高さの音で練習してみましょう。

女性は、ソ・ド・ミ・ソ・ドの音を目安に、男性は、レ・ソ・シ・レ・ソの音も目安にすると良いですよ。

練習の方法は「ロングトーン練習No.1」と同じです。

・低い音(女性はソ、男性はレ)のロングトーンは、胸の振動を意識しましょう。

4番目の音(女性はソ、男性はレ)のロングトーンは、地声と裏声で練習してみましょう。

・高い音(女性はド、男性はソ)のロングトーンは、より、お腹に力を入れて支えるイメージを持ちましょう。 

この5つの音だけでなく、いろいろな高さの音で練習すると、自分が出しにくい音がわかります。

出しにくい音も諦めずに、繰り返し練習して、低い音も高い音もしっかり出せるようにしましょう。         

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »