音域を広げる練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

音域を広げる練習

音域を広げたいと思う時は、この練習をしましょう。

まず、割り箸を準備してください。

無い人は、自分の指でも構いません。

この練習は、叫ぶような強い声は、必要ありません。

全て、優しい声で練習しましょう。

1、足を肩幅に開いて、姿勢を整える

2、割り箸を口にくわえる

3、どちらかの足を前に出す

4、前に出した足に、体重を乗せる

5、「は〜」の発音で、ドの音から音階で上がっていく

4音歌ったら、息継ぎをする

6、「は〜」の発音で、ドの音から音階で下がっていく

4音歌ったら、息継ぎをする

最初は、楽に出せる音域で、練習し、慣れたきたら、1音ずつ広げていきましょう。

前に出した足にしっかり体重を乗せ、顎が上がらないように気をつけましょう。

前に出した足に体重を乗せるのは、お腹に力を入れる感覚を覚えるためです。

その感覚をしっかり掴んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »