低い音も高い音も出し方は一緒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

低い音も高い音も出し方は一緒
高い音が出ないという悩みはよく聞きますが、低い音が出なくて困っているという悩みは、あまり聞いたことがありません。
でも、低い音がしっかり出せれば、高い音も出しやすくなるのです。

姿勢などは大きく変えていません。
変えているのは、高い音を出すときのお腹の動きです。
高い音ほど、息の量とスピードが必要なので、音が上がるにつれて、お腹に力を入れ、しっかりと息を吐き出すようにします。

1、足を肩幅に開き、姿勢を整える
2、楽に出せる音から、1音ずつ下げていく(姿勢を崩さないように気をつける)
3、下がった音から、滑らかに音を上げていく

低い音を出すときの方が、喉がしっかり開きます。
その感覚のまま高い音を出すと、楽に高い音が出せます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

Translate »