ステップを踏んで歌おう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歌のレッスンをしていて…
「考えなければいけない事が多すぎて、難しい!」という声を聞きます。
確かに、音程やリズム、発音など、気にしたほうが良いことはたくさんあります。
正確に歌うことは、もちろん大切なことです。
でも、それを気にするあまり、「歌を楽しむこと」を忘れていませんか?
アップテンポの楽しい感じの歌を、下を向いてリズムだけを気にして歌ったり、
スローな曲の音程だけを気にして歌っていませんか?

歌う時に大切なもう一つのことに、「ノリ」があります。
テンポの速い曲は、ウキウキする様な気分になりますよね。
逆に、スローでゆったりとした曲は、優しい気持ちになったり、曲によっては、涙が溢れるような気持ちになりますよね。
その気持ちを曲に乗せて歌うことも大切です。

気持ちを込めて歌う事の助けになるのが、「ステップを踏むこと」です。
難しいステップでなくて良いのです。
例えば、アップテンポの曲の時は、
1、 右足を右に一歩
2、そこに左足を寄せる
3、左足を左に一歩
4、そこに右足を寄せる
これだけでも良いのです。

スローな曲なら、
身体を左右に揺らすだけでも構いません。

マイクを持って身体を硬くして、ただまっすぐに立って歌っているより、少し身体を動かして歌ったほうが、ノリ良く、気持ちを曲に乗せやすくなります。

発声練習の時は、「姿勢を正してまっすぐに立ちましょう」と言われると思いますが、それだけにこだわらず、時には、ステップを踏みながら、ノリノリで歌ってみましょう。
それも、歌が上手くなる近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »