羊羹のように真っ直ぐに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「羊羹のように真っ直ぐに!」
歌を歌う時は、イメージすることが大切です。
どんな場面を歌っているのかな?
登場人物は、どんな人かな?
と歌詞を読んで、イメージを膨らませて歌うことが大切です。

でも、その前に、音の一つ一つに対するイメージを持つことも大切です。
発声練習の時、「あーーー」と長い音、ロングトーンをしますが、その時に、どんな音が出したいのかしっかりイメージをしましょう。

まずは、羊羹のように真っ直ぐなしっかりとした音のイメージです。
一棹の羊羹は、同じ太さで、デコボコしていませんよね。
声を出す時は、羊羹の形を同じ音量で、音程が揺れないように気をつけてみましょう。

音の形をイメージすることで、気をつけることがはっきり意識できます。
発声練習の時から、どんな形の音を出すのかをイメージすることも歌が上手くなる近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »