上手く歌うためには◯◯しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

上手く音が取れない!という悩みをよく耳にします。

音を上手く取る練習は、いくつかありますが、その前に!

「歌う」ことに対して、緊張しすぎる人がいらっしゃいます。

本当の力を発揮すればきちんと歌えるのに、緊張しすぎるあまり、音がうわずったり、リズムがくるったり…

それで、自信をなくして、「歌えない、音痴だから、下手だから…」と負のスパイラルに突入してしまうのです。

そんな人は、まず、歌いたい曲をよく聞きましょう。

繰り返し、繰り返し聞いていると、メロディーだけでなく、伴奏の音もよく聞こえるようになってきます。

そうしたら、鼻歌から始めましょう。

「歌う」ではなく「口ずさむ」です。

鼻歌なら、頑張らずにリラックスして声が出せませんか?

それも、繰り返し聞いた大好きな曲なのですから、大丈夫です。

上達のコツは、一つ一つ自信を重ねていくことです。

さあ、まずは、歌いたい曲を決めて、しっかりと聞き、歌うことに対する緊張感を取り除きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »