タッチ!タッチ!!で舌の筋力アップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タッチ、タッチで舌の筋力アップ!

発音をするときには舌の動きがとても大事です。
舌を動かす筋肉の力が落ちていくと、舌を動かす範囲が狭くなったり、動きにくくなるので、発音が明瞭でなくなることがあります。

それは加齢によるものだったり姿勢の悪さから来る場合があります。
姿勢をきちんと整えて、舌の筋肉を鍛える動きを覚えましょう。

表情筋を鍛えるときに舌を歯に沿わせてぐるっと回す、方法があると思います。
それも良いのですが、もう少し細かく動かせるように、歯の裏や表にポイントを決めて、そこをタッチするイメージで動かす練習をします。
タッチポイントは

1、 上前歯の裏
2、 上前歯の表
3、 下前歯の表
4、 下前歯の裏
5、 右下奥歯の裏
6、 右下奥歯の表
7、 右上奥歯の表
8、 右上奥歯の裏
9、 左上奥歯の裏
10、 左上奥歯の表
11、 左下奥歯の表
12、 左下奥歯の裏
13、 下前歯の裏
14、 下前歯の表
15、 上前歯の表
16、 上前歯の裏

です。
これを「ドレミファソラシド、ドシラソファミレド」と歌いながらタッチしていきます。
もちろん、「ド、レ…」と発音はできませんから、聞こえる声は「フン、フン…」といった感じに聞こえます。
舌をしっかり動かして、聞き取りやすい発音になりましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »