ビブラートの練習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビブラートの練習

歌の表現力をアップするために、ビブラートを使うととても効果的です。

ビブラートを練習して、表現豊かな歌い方をゲットしましょう。

今回は、初級編と上級編のビブラートの練習方法をご紹介します。

1、姿勢を整える

2、ため息をつくように「あ〜あ」

3、ため息を2回つくように「あ〜あ〜あ」

4、回数を増やす「あ〜あ〜あ〜あ〜あ〜あ〜あ〜あ〜」

5、徐々にテンポを速くしていく

1、姿勢を整える

2、ヨーデルをイメージして女性はド➡︎ド男性はソ➡︎ソの音で「あーあー」と声を出す

※できるだけ滑らかに、音が切れないように気をつける

3、徐々にテンポを速くしていく

4180のテンポで、滑らかにできるようになったら、女性は、ド➡︎レ、男性は、ソ➡︎ラの音に変えて、スピードを上げていく

どちらの練習も鏡を見ながら、2つのことに気をつけましょう。

1、顎を動かさない

2、舌を動かさない

顎や舌が動く場合は、歯を閉じて練習しましょう。

ビブラートは、喉の奥の方がスムーズに動かないとうまくできません。

繰り返し練習をして、喉の奥が動く感覚を掴みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »