裏声をしっかり出そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

裏声をしっかり出そう

裏声が、地声に比べて小さくなったり、不安定になる人がいらっしゃいます。

その原因は、お腹にしっかり力が入っていないからです。

お腹に力が入る感覚を覚えて、安定した裏声を出しましょう。

1、足を肩幅に開き、姿勢を整える

2左足に体重を残して、右足を一歩前に出す

3、右手の人差し指を軽く噛み、「は」の発音で高いドの音を出す

4、体重を右足に移動する

5、お腹に力が入る感覚を意識する

ある程度ロングトーンができる人は、この練習をしてみましょう

録音しながら練習すると、声の変化が分かります

繰り返し練習をして、お腹に力が入る感覚を覚えましょう。

裏声だけでなく、音が安定しない時は、この練習が効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »