安定した音を出すためには、◯◯を長めに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

基礎編 5回目 べっぴんヴォイス

課題曲  『浜辺の歌』

この曲はゆったり情景を浮かべて歌いましょう。

歌詞の意味が少し難しいですがしっかり意味を捉えて歌ってみましょう。

3番の「赤裳の裾ぞ 濡れも世辞」の所は、意味の取りやすい「赤裳の裾ぞ ぬれひじし」の歌詞で歌いましょう。

ゆったりと歌うためにはお腹をしっかり意識する必要があります。

お腹をしっかり意識する練習をしましょう。

リラックスして姿勢を正し、足を肩幅に開いて、片足を前に出します。

自然に声を出すように口を開け、そのまま声を出してみましょう。

その時に前に出ている足に体重をのせてみましょう。

声が出しやすくありませんか?

体重を前の足にのせることでしっかりお腹に力が入ります。

今、力が入っているなぁと思うところを意識してみてください。

歌うときにはそこにしっかり意識を集中して力を入れましょう。

最初はやりにくいし、疲れると思いますが慣れれば自然にできてきます。

次に長く伸びやかな声を出すために母音を長めに発音します。

同じ音程で構わないので、あーいーうーえーおーと少し長めの音を出してみましょう。

一つの音を2カウントする位の長さで、一息であーいーうーえーおーと発音してください。

母音によって音の大きさが変わったり響きが変わらないように気をつけましょう。

あーの音は、喉が開きやすいのできれいに響くと思います。

おーの音は、次に響きやすい音です。

うーの音は、あまり唇をつき出さずに発音しましょう。

いーの音とえーの音は、口を横に引きすぎないように気を付けましょう。

横に引きすぎると喉が閉まって、響きがきたなくなってしまいます。

自分の声を耳で確認して、音量に差がないか、響きが綺麗かどうかを確認しましょう。

オペラ歌手のように少し両手を広げながら歌うのも良いですね。

自分がどんなふうに歌うかをイメージするのはとても大切なことです。

世界一上手なオペラ歌手になった気持ちで声を出すと、それだけで豊かな音が出ますよ。

そんなイメージを持ちながらあーいーうーえーおーと歌ってみましょう。

もちろん、お腹を意識することも忘れないでください。

体重を前に出した足にのせることでしっかりお腹に力が入ると言いましたが、両足を横に開いた時にそれが行えるように練習してみましょう。

両手の親指と人差し指でL字を作り、おへその前で親指どうし、人差し指どうしを合わせて力を入れます。

そのまま、声を出してみましょう。

お腹に力が入っているのがわかりますか?

もう一度同じように声を出し、途中で指を離してください。

お腹には力が入ったままですよね。

その感覚を忘れないようにしましょう。

『浜辺の歌』には、高い音が出てきます。

高い音を出すときに顎が上がらないように気をつけましょう。

顎を上げることで首が伸びてしまい、高い音が出にくくなってしまいます。

どんな高さの音を出す時も姿勢を変えないことが大切です。

低い音も高い音もリラックスして豊かに響くイメージを持って歌いましょう。

高い音になった時は先ほど練習したように、前に出した足に体重をのせると出しやすくなります。

お腹に力を入れるコツがわかったら、体重移動やL字の指を合わせる方法をやめて、足を肩幅に開いて姿勢を正して、お腹で支える練習をしましょう。

すぐにそれができるわけではありませんが練習を重ねるうちに自然にお腹の力の入れ方もわかってきます。

『浜辺の歌』は、音の動きが少し難しい部分もありますが小さな声で練習をすると音程が取りやすくなります。

高い音を意識するあまり力が入りすぎないようにする効果もあります。

一度、小さな声で歌ってみましょう。

その時に気をつけなければいけない事は、内緒話のように息だけが出ているような声ではいけません。

きちんと音になっているかどうか、耳で確認しながら歌いましょう。

大きな声で歌う時よりお腹が疲れませんか?

実は、大きな声より小さな声の方がよりお腹を使わないと出せないのです。

家で大声で練習するのは恥ずかしいと思う人は、小さな声で練習すれば良いのです。

お腹に力が入るコツがわかったら、一定の強さで息を吐くことを意識しながら『浜辺の歌』を歌ってみましょう。

豊かに響くこと、高い音で力を入れすぎないこと、そしてお腹を意識することを忘れないでください。

いろいろ意識することがたくさんあるので混乱していませんか?

最後は、楽しく心込めて歌ってみましょう。

練習したことを一旦忘れて自由に歌うことも大切です。

それでも一番最初に自分が歌った歌よりも数段上手く歌えるはずです。

それは練習したことがちゃんと体に染み込んでいることの証明です

あまり考えすぎるとどんどん体が硬くなっていくので、一度リラックスをしてから歌ってみましょう。

上手く歌えましたか?

練習を重ねることで、気をつけることを身体が覚えていきます。

ゆっくり、少しずつ練習していきましょう。

次回の課題曲は『赤とんぼ』です。

この歌はみんながよく知っている歌だと思います。

メロディーも耳なじみがあるので、歌いやすいと思います。

ただ、低い音から高い音まで一気に登っていく曲ですので、しっかりお腹で支え、息の量とスピードをコントロールすることが必要になります。

『赤とんぼ』は情景をイメージしやすい曲です。

次回までにしっかり歌詞を読んで曲をイメージしましょう。

自分の思い出と重ねあわせて歌詞の意味を取り歌うと、声にも表情がついて良いと思います。

それでは次回も楽しく歌いましょう。

お疲れ様でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »