長く話すと声がかれる時は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

長く話すと声がかすれる時は

ラジオ配信アプリ「spoon」の生配信の中で、「長く話すと声がかすれる」との相談がありました。

話すにしても、歌うしても、長い時間声を出し続ければ、だんだん声はかすれてきます。

でも、少しでも長い時間、気持ちよく声を出したいですよね。

そのためにできることは、3つ!

1、水を飲む

2、声出しの準備をする

3、姿勢チェック

1、水を飲む

・水分不足は、喉の大敵なので、普段からこまめに水を飲むようにする。

・話の合間、曲と曲の間に水を飲む。

・声を出す前には、烏龍茶、緑茶、コーヒー、アルコールは、避ける。

2、声出しの準備をする

・普段から、声帯を閉じる練習をする。(声帯の締まりをよくして、息漏れを防ぐ)

べっぴんヴォイスレッスン 「はひふへほ体操の「は」」

・声を出す前に、リップロールと横隔膜のリラックスをする。

べっぴんヴォイスレッスン 「即解消!寝ぼけ声!!」

まりーの1分間レッスン 3 「横隔膜を緩めよう!」

3、姿勢チェック

・姿勢が悪くなると顎が上がり、喉に負担がかかりやすくなるので、姿勢のチェックをする。

べっぴんヴォイスレッスン 「少し胸を開こう 上半身の準備」

「少し後ろ体重 下半身の準備」

・座っている時は、頭から尾てい骨まで、真っ直ぐに棒が通っているような感じを意識す。

長い時間話をしたり、急に大声を出せば、喉に大きな負担がかかり、声が枯れやすくなります。

普段から、少し気を付けて声を出す準備をしておくと、声枯れしにくい、あなただけの素敵なべっぴんヴォイスになりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Translate »